精力剤・媚薬・ED医薬品は個人輸入代行バイタリティライフ

バイタリティライフ
取り扱い全商品メーカー正規品メールでのご注文はこちら
TEL:092-691-6631 携帯:090-1193-1719
カート
              法律と薬事法と品質を日本一厳守しているお店       

バイタリティライフはメーカー正規品にこだわっています。店長が偽物の恐さを知っているからです。

女性用と男性用の豊富な実績ある取り扱いカテゴリー
操作手順解説
  • 会員登録手順の流れを解説
  • カートご注文時の操作手順の流れを解説
  • 郵便書留にする場合ご注文からの操作手順解説
  • 別の配達先にする場合ご注文からの操作手順解説
  • 別の方へお届けする場合の操作手順の流れを解説
追跡調査はこちらから
  • 国際郵便
  • 日通ペリカン便
  • 国際ヤマト便
きっと役立つ意外と知らないお話
ED医薬品のお役立ち情報
  • ED治療薬Cについて
  • ED治療薬Lについて
  • ED治療薬Vについて
勃起機能のお役立ち情報
  • EDの種類と原因
  • ED治療薬とはどういうものか?
  • インターネットで流通する偽造ED治療薬の現状と調査結果
  • EDを自分で診断する方法
  • EDは身体的・精神的原因の2つに分かれる
  • 40歳を超えると男性の6割以上が中折れの悩みを持っている
ペニスサイズのお役立ち情報
  • ペニスサイズの7つの科学的真実について
  • 短小の悩みやコンプレックスは世界に推定4000万人
  • ペニスの長さや外周を大きくする体操
  • 包茎手術で女性のオーガズムは半減する?
  • 話題にならない男性の睾丸の大きさについて
早漏のお役立ち情報
  • 女性に聞いた彼は早漏だと思う?調査結果
  • 早漏の2大原因物知的要因と心理的要因の違い
  • 早老症の医学的治療
  • 早漏を改善する様々な方法について

ED(勃起不全)を治療するED治療薬とは?

ED(勃起不全)を治療するED治療薬とは?は会員登録後に全内容を閲覧頂けます。

ED(勃起不全)をサポートするED治療薬とは?

性的刺激に反応して起こる勃起機能をサポートするのが、ED(勃起不全)医薬品の役目です。
勃起は陰茎の中の海綿体に血液が流れ込んで硬くなるために起きる現象です。ですから、勃起がスムーズに起きるかどうかは陰茎に流れ込む血流量に左右されます。
その重要な担い手である血管は「サイクリックGMP」という物質の働きで拡張するのですが、
サイクリックGMPは「PDE5」という酵素に分解されることで働きを止めます。
生活習慣病など、何らかの理由で海綿体に流れ込む血液量が減少するとEDになりますが、
ED医薬品は、この「PDE5」の働きを弱め「サイクリックGMP」の働きを最大限に引き出すというメカニズムを持っています。
その結果、陰茎の血管を拡張し、海綿体の血流量を増やすことで勃起を持続させるのです。
ED医薬品は、基本的に性行為の前に服用する内服薬です。

ED(勃起不全)医薬品の服用方法について知っておきたいこと。

医薬品の効き方には個人差があるので、EDをサポートする先発品ED医薬品服用後に、今一の場合でも、立て続けに服用するのはいけません。
一度服用したら次は24時間空けてください。服用については医師の指示に従い、処方された投与量を守り正しく服用してください。
自分で勝手に量を増やしたりしてはいけません。
たとえ、期待が得られなかったとしても、諦めることはありません。
先発品ED医薬品を最初に服用する時には、多かれ少なかれ緊張して本来のサポートがでにくいことがあります。
また、どのような医薬品でも、体質的に今一のことはあります。それでも諦めず3~4回くらいは試してください。
いずれにせよ、何回かはトライしてみてください。

ED(勃起不全)医薬品の副作用について。

1999年3月、日本でED(勃起不全)をサポートするED医薬品Vが処方開始された当初、海外での狭心症や心筋梗塞の薬である「仮名:N」との併用が原因での死亡例が報告され、「ED医薬品は心臓に悪い薬」という噂がまことしやかに流れたことがあります。しか し、これは全くの誤解です。
元来、ED医薬品Vは、狭心症の薬として開発されていたもので、開発中に勃起作用があることが発見されたというエピソードがあります。確かにED医薬品Vには降圧作用があり、わずかですが血圧を下げますが、心臓に悪かったり、負担を かけたりするものではありません。
豊かな性生活の手助けをするED(勃起不全)治療薬は、多くのカップルに勇気と希望を与えています。しかし、いくら作用するからといっても「過ぎたるは及ばざるが如し」です。
ED(勃起不全)治療薬を服用されている方の中には、様々な副作用を気にする方もいらっしゃいます。根拠のない噂も流れているようです。
このページはED(勃起不全)治療薬の副作用と、服用を巡るウソ・ホントを紹介します。
ED(勃起不全)医薬品は医師の処方箋により、調剤薬局などから処方される医薬品であり、服用したときの状況や体質などにより、副作用と思われる症状が出ることがあります。
代表的な副作用として、顔のほてりや鼻づまり、頭痛、視覚異常などがあります。しかし、これらは薬の効果が無くなれば自然に消えるので心配ありません。
飲んで作用始めるころの顔のほてり感を心配される方が比較的多いのですが、これは血管の拡張作用によるもので、ちょうどお酒を飲んだときに顔が熱くなって赤くなるようなもの。あくまでも一時的です。<

ED(勃起不全)医薬品の習慣性の心配について。

ED医薬品の予想以上の高いサポートに対して、習慣性を心配される方が多いのも事実です。
ED医薬品に習慣性は全くありませんのでご心配は無用です。
昔から「習うより慣れよ」と言います。「人に教えられるよりも、実際に経験を重ねたほうがよく覚えられる」ことの例えです。
同じことは芸事や習い事、スポーツなどにも当てはまるような気がします。
この諺(ことわざ)を「頭で思い悩むよりも、まず自らの身体で試してみよ」という助言と捉えるなら ば、
ED(勃起不全)をサポートするED医薬品こそ、実際に体験してみなければ、その素晴らしさは決して分かりません。
そのサポートの高さゆえに、ひょっとして、依存症になったり、習慣性になったりするのではないかという懸念をお持ちの方も少なくありません。冒頭の諺になぞらえれば「習うより慣れすぎて、後戻りできないのではないか」というわけでしょう。
しかし、心配は無用です。
ED(勃起不全)治療薬には身体依存症や習慣性、中毒などは全くありません。

ED(勃起不全)医薬品で精力はアップするの?

EDの改善に、現在、最も一般的で効果的な方法は、ED医薬品を服用することです。
特に、緊張やストレスなどによる「心因性のED」にいいので、EDを改善する第一選択になっているほどです。
ED医薬品を服用した人の約7割が改善を実感するといわれるED医薬品ですが、その評判とは裏腹に、ED医薬品そのものに対する誤解も多いようです。
その最たるものが、精力剤や回春剤、媚薬などとの混同です。
ED医薬品はあくまでも、勃起を助ける医薬品です。
改善が発揮されるためには性的な刺激が必要です。服用だけで、勃ちっぱなしになるわけではありません。

ED(勃起不全)医薬品の種類について。

現在、世界では5種類のED医薬品があります。
日本の医療機関で処方されているED医 薬品は3種類です。この3種は医薬品であり、医師の処方によって手に入れることができます。
この3種のことを世界3大ED医薬品と呼ばれています。
この3種類のED医薬品は含有成分が異なりそれぞれの特徴があり、EDをサポートする処方箋が必要な先発品ED医薬品です。
当店が長年かけて情報収集した世界3大ED医薬品と呼ばれる3種類について記述しております。
性的刺激に反応して起こる勃起機能をサポートするのが、ED(勃起不全)治療薬の役目です。
勃起は陰茎の中の海綿体に血液が流れ込んで硬くなるために起きる現象です。ですから、勃起がスムーズに起きるかどうかは陰茎に流れ込む血流量に左右されます。
その重要な担い手である血管は「サイクリックGMP」という物質の働きで拡張するのですが、サイクリックGMPは「PDE5」という酵素に分解されることで働きを止めます。

詳細については、会員登録後にお役立ち情報としてご覧頂けます。

メールでのご注文はこちら